NLPを取り入れた「コーチング研修」「エグゼクティブコーチング」市場でNo.1の実績 COACH-ING.COM コーチ・アイエヌジー

Blog Sachiのジーンズ姿・普段着の独り言
TOPPAGE WHAT'S NEW BLOG 公開講座 Q&A お問い合せ
2 3 4 5 6 7 8 9 10 次の5件


1_MG_0839_B.jpg

8月24日(木)-26日(土)、アメリカ・ワシントンDCで行われる
ICF国際コーチ連盟のコーチ・カンファレンスのワークショップの
スピーカーに決定しました〜。

さち@生嶋の登壇日は、
8月25日(金)10:30-12:00です。


プロフィール写真も変えました。


2012年のロンドンで行われた
コーチ大会以来、
5年ぶりの国際カンファレンスです。

2012年のロンドンで、
5年後の
カンファレンスは、
スピーカーで
参加したいと決めていました。




スピーカー応募するにあたり、
プロジェクトチームのメンバーに心から感謝です。

そして、夢を目標に変える腹決めを与えてくれたのは、
WSCのプロフェッショナルコース(PC)での
公開クライアントをしたことでした。


受講者さんがコーチ、
さちはクライアント。


2016年12月にコーチングを学び出して5か月目の
受講者さんのコーチを受講メンバーの前で受けました。

コーチとしてのスキルはまだまだこれからかもしれないけど、
(のびしろ、メチャある!)
あり方、今、ココ、場をホールドする力がすごかった。

ガチのコーチングで、楽しかったです!

コーチのあり方が影響する!を実感しました。


これから8月の本番に向けて、新たなプロジェクトチームが
立ち上がりました。
マジ、英語ガンバリま〜す。

当日は、チームWSCのメンバーも応援に駆けつけてくれます。
心強いです。
私たちで新しい世界を見られること、喜びです。


My proposal has been selected as an ICF Converge 2017 session.
Thank you for your coaching and support, Team WSC!

ICF早割は、5月15日までですよー。

https://www.eventscribe.com/2017/ICFConverge/index.asp...


夢を目標に変える。
そして、実現する。

-----------------------------------------
グローバルスタンダードなコーチ養成
ホールシステムコーチング®
http://wsc-japan.com/


ブレインコース【大阪】2017年6月24日(土)・25日(日) 
http://wsc-japan.com/work/bc/index.html


WSCフェイスブックページ
https://www.facebook.com/wholesystemcoaching



FullSizeRender 3.jpg
先週、年に1度の健康診断に行ってきました。
毎年、同じところで受けています。

そして、毎年、感じることは
スタッフさんの対応の良さ。
感動レベルなんですよ。

どんな研修しているのか?
とても興味が湧いてきます。

対応のルール、マニュアルはしっかり決まっていることは見ていてわかります。


そして、マニュアルを完璧に実行し
それを自分のものにしているなと感じます。

体得のステップは、
まねる→まねぶ→学ぶ
体得していく。

学習の五段階、
守破離。

いずれにせよ、ご存知のように、
「知っている」と「できる」は違う。


先日、エグゼクティブコーチングで
クライアントさんに次のステップを教えてもらいました。

・知識(ちしき)
  ↓
・見識(けんしき)
  ↓
・胆識(たんしき)


知識とは何?と聞かれたら、何と答えますか?

デジタル大辞泉によると

・知ること。認識・理解すること。
 また、ある事柄などについて、知っている内容。


では、見識とは?

・ 物事を深く見通し、本質をとらえる、すぐれた判断力。
 ある物事に対する確かな考えや意見。識見。


胆識って言葉あるんですね。

では、胆識とは?

・胆力と見識。実行力を伴う見識。


語彙辞典によると、

「胆識とは、決断力、実行力を有した見識のこと。 
それは自身の信念に基づいて判断したときに是であったならば、
如何なる困難があろうとも遂行し続ける強さである。 
成功の是非は問わない。 
失敗するとしても、やるべきだと判断したならば実行するのが胆識。 
ただし、見識を有することが前提なので無謀であることとは異なる。」

と記載されています。


胆識には、勇気が必要だなと感じます。
成功の是非は問わず、失敗しないかと気にするのではなく、
やる!

何かをできるようになるには、最低100時間の実績が必要。

次のステップは500時間以上。

マスターレベルは、1000時間以上、3000時間。

ICFの資格にすると、
100時間 ACC
500時間 PCC
2500時間 MCC

ある程度できるようになると、我流になりがち。
ここでまた基本が必要になる。

この繰り返しですかねー。

コーチングに限らず、
体得には、ステップ、段階がありますね。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
脳の使い方のバランスを整えるブレインコース
【東京】 2017年3月 4日(土)・5日(日)
【大阪】2017年2月18日(土)・19日(日) 
↓    
http://wsc-japan.com/work/bc/index.html


IMG_0725.JPG

WSC登山部 第2回は金剛山でした。

12月末にWSC登山部が発足し、7月の富士山登山を目標に毎月1回の
登山をすることに決めました。


目標、プロセス目標、行動について、登山をメタファーに考えてみましょう。

富士山登山が【目標】、
月1回の登山は、【プロセス目標】ですね。

1月21日(土)は、雪山、金剛山でした。

今月も日本最古の修験道を歩きました〜。

水越峠〜ダイヤモンドトレイル(ダイトレ)〜山頂。
片道約3.5km、約2.5-3時間、美しい雪景色でした。
山頂には、葛木神社があります。

初の金剛山、軽アイゼンをつけての登山。
今回、ベテランうめちゃんとは山頂で合流することになりました。

初心者さんのちえちゃんとさちの二人での登山は
心配ということで、今回は高校の登山好きの同級生に
声をかけました。

友人への声がけは、
月1回のプロセス目標を達成するための【具体的な行動】です。

高校の同級生と言っても、しゃべったこともない人に
図々しく声をかけてみました(笑)

共通の友人がいるため、話題には上がってきた人たちで
昨年の同窓会で顔は見た、フェイスブックで登山の写真を
投函されているで、登山ベテランさんであることはわかっていました。

ただ、こちらが初心者さんなので、
ご迷惑にならないかという気持ちも少しありました。
これは、【制限】と言います。

さちは、二人よりも友人に声をかけることを選びました。

コーチングも一緒ですが、仲間同士の勉強会は
学びを継続するという意味ではとても重要な仕組みです。
そして、同じ経験・レベル感の人ではなく、
ベラランの人とご一緒することが学びと
習得をより加速してくれると感じます。

【意図】は、楽しく登る。
目標思考型だから、登ることは間違いないけど、
ゼーゼー必死ではなく(なる可能性は大)
景色を楽しんで登りたい。

金剛山は、スタンプカードを買って、登山の度に、
押印してもらって、貯まった数によって、
バッチのプレゼントがあるそうです。

山頂には、何千回、何万回かを登られた方々のお名前が
記されています。

すごいですね!
ベテランさんの中にはさらにベテランさんがいる!

昨年12月の第1回登山で、ダイトレを20km歩いたので、
初雪山でも大丈夫でした。あれに比べたらへっちゃら(笑)

一度、ストレッチ目標をクリアすると、
本当に自信になりますねー。実感です。

今回ご一緒した同級生のベテランさんたちは、
「こんなに積雪の金剛山は初めて。晴天やし運がええで!」って言ってました。

私たち運がいいようです。

富士山は一つの目標です。
全てではありません。

目標、プロセス目標、行動について
いかがでしたでしょうか?

第3回目は、2月に行う予定です。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
脳の使い方のバランスを整えるブレインコース
【大阪】2017年2月18日(土)・19日(日)
【東京】2017年3月 4日(土)・ 5日(日)
↓    
http://wsc-japan.com/work/bc/index.html



IMG_0594.JPG今日は大寒ですねー。
「寒仕込み」と言って、何かを始める、
仕込むには良い時期とされています。

朝食はモリモリ、サラダ好きで〜す。

今週の東京でのキャリア研修
(ワークショップ)では
自ら「スイッチを入れる!」
ターニングポイントをつくるってことをやっていました。

お仕事で貢献できること、幸せですね。

そして、よく、男女問わず、質問されることがあります。




「さちさん、スタイルいいですねー。何かやっているんですか?」

「会食の機会が多く、よく食べて、よく飲んで、(ほどほどです)
体型維持してますね。どうしてるんですか?
運動とかしてるんですか?」


「何にもしていませんよ」

とは答えません。。。(笑)

20代、30代は何にもしなくても体重キープしていたけど、
だんだん代謝が落ちてくるから、
一応、意識して簡単にできることをやっています。

キングカズと同い歳ですから。


基本食べたいものを食べて、飲みたいものを飲みます。

「運動はしていませんが、(昨年末から月1回の登山始めました)」

17年前、コーチングを学び出した時のある一言が衝撃的でした。

「磨かれている人は、実年齢より10歳若く見える!」

さて、【さちの簡単リスト】

1.体重計に1日2回(朝と夜)のる。
  出張の時は、ホテルに体重計のリクエストをする
  
2.会食がある時は、1日で食事量を調整する
  (お昼を少し控える)

3.翌日、体重が増えている時は、その日も食事を意識する
  2〜3日以内に戻す

4.間食は基本的にしない
  特別な時には、食べたいものを食べる

5.移動中はなるべく階段を使う
  (荷物が多い時はエリベーター、タクシー利用)

6.白湯を飲む

7.5分間の瞑想

それから、太った時は、黒の服などで隠すのでなく、
あえて白いパンツなどの膨張色を履いて
自分の状況を客観的に見る。

目からの情報は大事。

「こらあかんっ!」てなって、行動できる。

先日の研修で、女性が
「さちさん、うらやましいです。
 仕事はどうにでもなるんですけど、体型が・・・。
 何かやっているんですか?」

って、同じように質問を受けました。
1日2回、体重計に乗ることを伝えました。

「ずっと体重計のってない。コワくてのれない・・・」

「今日、体重計に乗ります」

っておっしゃってました。

体重計は、「重い」とか「軽い」は言わない。
ただ、体重、事実を教えてくれるだけ。
まさにフィードバックですよね。

それを受けてどう感じるか?は自分の解釈で
どうするか?は自分の選択。

「Bさん、仕事ができるから、絶対痩せますよ」
 仕事で使っているコツ、能力を活かせばいいから」

うまくいくパターン、能力、脳力を
違う場面で使えるようになれば、
欲しい結果は手に入るだろう。

主体的ってこういうことだと思う。

最後までおつきあいいただき、
ありがとうございます。


----------------
WSCブレインコース
【東京】 2017年3月 4日(土)・5日(日)
【大阪】 2017年2月18日(土)・19日(日)

http://wsc-japan.com/work/bc/index.html 

https://www.facebook.com/wholesystemcoaching


FullSizeRender 2.jpg

どんなクリスマスを
過ごされたのでしょうか?

私たちはクリスマス登山をしていました。

チームWSC登山部発足!?
現在、部員は3人です(笑)


来年の富士山登山の初練習で
いきなり20km!




二上山の雄岳、雌岳〜ダイヤモンドトレイルを歩き
葛城山山頂へ、約20km!

ダイヤモンドトレイルから葛城山への階段が多いタフな登山。
なんの修行(笑)と思っていたら

コークリエイターのくっちゃんから
「MCC(マスターコーチ)のMは、

MountainのM!
コーチは登ってナンボ!です...かね?」
とコメントがあり、

「Mは、MountainのM!登ってなんぼ。なるほどー」と納得。


IMG_0327.JPG

友達からは「修験道じゃなかった!?」とコメントがあり調べてみたら、

葛城山は修験道最古の霊場と言われているみたいです!

コーチ道も登山も人生も修行ですね〜(笑)

そして、二上山はシャスタ山と同じ
陰陽統一の山。

の写真は二上山、雄岳の頂上到着。




脳で言うと右脳、左脳のバランスが整った山

女性性と男性性が統一されている山です。

8時間歩いて葛城山頂に到着。
山頂で、とても美しい夕日と夕焼けに出会え、
最高でした。ありがたかったです。


最後、頂上まで約2km位のところに標識があり
わかれ道になっていました。

1つは、A.このまま来た道をまっすぐ行く階段が多い道(距離は500m短い)

もう1つは、B.迂回路で平坦な道(距離が500m長い)


さて、「どっちを選ぶか?」か
話し合いで決めました。

私たちはどっちを選んだでしょうか?



正解は、A.まっすぐ行く階段が多い道です。

なぜなら「目標思考型」だから。

どちらを選んでも山頂のゴールにはたどり着けます。

Bを選んだら「問題思考回避型」かな。
もちろん、その時の体力は影響するとは思いますが。


IMG_0309.JPG

約20km、8時間かけて、よく歩きました!

私たちガンバった〜。
一人では途中で挫折していたと思います。
登り、下り、階段がハンパない。

一人だと確実にやめてたな(笑)と
3人とも言っています。





最後までがんばれたのは、チームの力!

ベテランうめちゃんが先頭に立ち

状況をフィードバックしてくれたり
ちえちゃんと3人で励ましあい
初めての練習で20kmを制覇しました。


IMG_0320.JPG

お天気にも恵まれ、ステキな経験をさせていただきました。
8時間歩けたんだから、
富士山に登れる自信、

やれる自信がつきました。


一つの体験が自信になる。
自信は未来でなく、今ココにある。





途中、他の登山者さんに道を聞きました。

「葛城山へはこの道であってますか?


 後何分位で到着できますか?」


一人目の人は、どれだけこれからの登山道がハードでしんどいか
「ここは階段が多いからな。
最後の階段がきつくて足にきてイヤになる人が多い。しんどいからなあ」
と聞いていないことも親切にいーっぱい教えてくれました。


二人目の人は、
「あってますよ。今僕は40分で頂上から降りてきたから
 登りは2倍くらいの時間、1時間30分はかかると思いますよ」
とだけ答えてくれました。


お一人目の時は、
ちえちゃん「途中で耳がふさがって、聞いていませんでした」
うめちゃん「腰を引いて、もう行く動きに入っていました」
さち「立ち上がって、話を切ろうとしました」

ごめんなさい。親切におしえてくださったのに。


コーチングと同じですね。
情報提供もフィードバックも、
し過ぎたら受け取れませんね。
美味しいものもそんな一度には食べられないから(笑)


お二人目に教えてもらった時は
3人とも「明確!わかりやすい」


登山は一つのメタファーで学びですね。
自分のホールシステムが明らかになる。

チームWSC登山部は入会随時募集していますよ(笑)


-----------------------------------------------------------
脳の使い方のバランスを整えるブレインコース
【大阪】2017年2月18日(土)・19日(日)
【東京】2017年3月 4日(土)・ 5日(日)
↓    
http://wsc-japan.com/work/bc/index.html




2 3 4 5 6 7 8 9 10 次の5件
コーチングの「コーチ・アイエヌジー」トピックスや、生嶋流プチコーチングなど、最新情報をメールで配信!メールマガジン
コーチングの「コーチ・アイエヌジー」生嶋ブログ
コーチングの「コーチ・アイエヌジー」生嶋のフォトギャラリー
コーチングの「コーチ・アイエヌジー」生嶋がお手伝いできるメニュー
コーチングの「コーチ・アイエヌジー」のコーチング研修・講演

コーチングの「コーチ・アイエヌジー」のコーポレートコーチング
(企業・組織単位でのコーチング・業務改善・改革)

コーチングの「コーチ・アイエヌジー」の全脳コーチング「プロコーチ養成」プログラム

コーチングの「コーチ・アイエヌジー」のエグゼクティブコーチング
(経営者・経営者層への1対1コーチング)

コーチングの「コーチ・アイエヌジー」のビジネスコーチング
(管理者・営業職への1対1コーチング)

コーチングの「コーチ・アイエヌジー」のパーソナルコーチング

コーチングの「コーチ・アイエヌジー」のNLP資格取得コース
(創始者リチャードバンドラー認定資格取得コース)

コーチングの「コーチ・アイエヌジー」生嶋のNLP体験記
(感動のNLPトレーナーコース体験記[完結編])

コーチングの「コーチ・アイエヌジー」生嶋のコーチカフェ
(交流のある方々やお気に入りなどのご紹介)

コーチングの「コーチ・アイエヌジー」の業務改善実績 コーチングの「コーチ・アイエヌジー」のクライアントの声
コーチングの「コーチ・アイエヌジー」のマスコミ取材履歴 コーチングの「コーチ・アイエヌジー」生嶋のプロフィール コーチングとは? NLPとは? コーチングの「コーチ・アイエヌジー」のパートナー コーチングの「コーチ・アイエヌジー」の会社案内
コーチングの「コーチ・アイエヌジー」の特定商取引法に基づく表示
コーチングの「コーチ・アイエヌジー」の個人情報のお取り扱いについて
コーチングの「コーチ・アイエヌジー」のセミナー受講規約

BLOGのご案内