NLPを取り入れた「コーチング研修」「エグゼクティブコーチング」市場でNo.1の実績 COACH-ING.COM コーチ・アイエヌジー

Blog Sachiのジーンズ姿・普段着の独り言
TOPPAGE WHAT'S NEW BLOG 公開講座 Q&A お問い合せ
前の5件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次の5件
7月のSachi流元気がでるプチコーチング更新しました!

こちらから→『変えてはいけないことは?』

ヒントをお届けしています。
ぜひ、ご覧くださいね。




IMG_1040.JPG昨日は、七夕でしたね。

去年の七夕は、フランス一人旅で
モンサンミッシェルなどを
訪れていたなあと、
思い出していました〜。











P1090560.JPG
先週6月25日(土)‐26日(日)は、
ブレインコース(BC)を大阪で
開催していました。


様々な職業の方がご参加くださいました。
個人でのご参加や、企業からのご参加もあります。

私たちこのメンバーだからこそ、
描けたアート(芸術)を感じました。

感動でした。


グループ実習の時、
普段は、あまりご発言されない方が
勇気を持って、ご発言くださいました。

「合っていない気がする・・・」


この勇気ある一言で、
チームの関係性とエネルギーが

目に見えて、
聞こえてきて、
手に取るように、
変わりました。


変化は、目に見えて、
そして、聞こえてきて、
さらに、手に取るように感じるものですね。


国際コーチ連盟(ICF:本部アメリカ)は
世界基準(スタンダード)として

サイエンス(科学)、アート(芸術)、プラクティス(実践)

を揚げています。


ある企業で、数ヶ月にわたる
プロジェクトコーチングを実施していました。

最終回での振り返りで、

責任者の方が「さぶいぼ出た」

とおっしゃったくらい感動でした。


本当に、Weメソッドで
私たちが目指す共創ステージへの
チームの変容が素晴らしかった!


ちなみに、「さぶいぼ」は、関西弁です(笑)

標準語では、鳥肌という意味です。


関西人のさち@生嶋も
久々に「さぶいぼ」という言葉を聴きました(笑)


そして、本格的にコーチングを学びたい方
コーチとしてICF資格取得をはじめスキルアップをしたい方
会社・組織をさらに良くしたい方には、
プロフェッショナルコースをご準備しています。

ホールシステムコーチング®は、
世界基準(スタンダード)の

サイエンス(科学)、アート(芸術)、プラクティス(実践)
この3つで設計、デザインしています。

サイエンス→論理的に、左脳
アート→芸術的に、右脳
プラクティス→実践的に、身体

そして、3つが発揮できるような関係性の
システムを共創していきます。


--------------------------------------------------------
グローバルスタンダードのコーチ養成

■■ホールシステムコーチング®PC・ACのご案内■■

【プロフェッショナルコース(PC)】
  2016年8月20日(土)開講

【アドバンスプロフェッショナルコース(AC)】
  2017年3月25日(土)開講

◇日程や内容は、こちらからご確認いただけます。

☆ホールシステムコーチング(R)は、
国際コーチ連盟(ICF:本部アメリカ)から正式に認定された
コーチ・トレーニング・プログラム
(ACTP:Accredited Coaching Training Program )です。


--------------------------------------------------------

次回のブレインコース(BC)は2017年2月です。

BCでは、私たちの脳のすばらしさ、
私たち人間の可能性を実感できます。


【大阪】 2017年2月18日(土)・19日(日) 

◇お申込みはこちらから



GWも終え、今年も5か月が経ちますね〜。
初めてGWに海外へ行ってきました。


2016-05-02 10.03.17.jpg訪れた場所は、2012年から毎年行っているアメリカカリフォルニア州のシャスタです。

シャスタ山は、ミネラルウォーターの
クリスタルガイザーの
採水地として有名です。









サンフランシスコからゴールデンゲートブリッジを
渡った街、サウサリートには、20年ぶりに訪れました。

霧やスモッグが多いと言われているサンフランシスコ。
やはり晴れオンナでしたー。

2016-04-30 19.48.09.jpg
空港近くのホテル到着時の夕日。
20:00頃。
飛行機の滑走路も見えます。














2016-05-01 06.24.29.jpg

SFO空港近くの6:15頃の朝日。

ホテルからの散歩コースです。














2016-05-01 06.28.54-1.jpg

散歩中のドバイから来た観光客の方に
とても素敵な朝日の写真を撮って
いただきました〜。













2016-05-01 09.35.09.jpg
今回もハーツさんでレンタカー
借りました。
カローラくんです。

SFO〜シャスタ往復、
7日間の走行距離は、なんと2,045Km。

返却時、マジで驚きました(笑)
よく走ったね。






2016-05-01 09.42.34.jpg

まずはPlace of Fine Artsへ。
お友達に教えてもらった場所です。

朝が静かでオススメですよ。













2016-05-01 10.26.06.jpg
ゴールデン・ゲート・ブリッジ
ビューポイント。

















2016-05-01 10.25.20.jpg

雲ひとつない、快晴でした〜。


















P1090495.jpg
サンフランシスコ空港から片道 約462Km。

サンフランシスコの街中を抜ければ
後は、こんな感じでのどかで
走りやすい道です。












P1090501.jpg
プチコーチング『さちさんは幸山?』2016/05/20アップました。

こちらからご覧いただけます。

山開き前のシャスタ。
写真はシャスタ山5合目、標高2103m
バニーフラットの道の上ですよー。









2016-04-02 15.12.57-2.jpg4月、桜のシーズンを迎え、
新たな始まりの時ですね。

この時期になると、能の世阿弥の
「初心忘るべからず」という言葉が
心に浮かんできます。

一般的には、
「初めての志を忘れてはならない、
謙虚に襟を正す」というような意味で
使われていると思います。

私さち@生嶋もそうでした。

さまざまな解釈があるようですが、



阿弥にとっての「初心」とは、
新しい事態に直面した時の対処方法、
すなわち、試練を乗り越えていく考え方を意味している
とのことです。

つまり、「初心を忘れるな」とは、人生の試練の時に、
どうやってその試練を乗り越えていったのか、
という経験を忘れるなということなのです。
(the 能.COMより引用) 

昨日、宮城県の気仙沼の復興支援活動から
帰ってきました。

訪問回数を重ねるごとに、現場の民生委員さんや
コーディネーターさんとの関係性が深まり
私たちの特性を活かした活動を一緒にできる
ようになってきました。

単なるお手伝いさんから、共創できるパートナーに
少し進化できたように感じました。


今回、復興住宅を飛び込みで一軒、一軒ご訪問して
お話を聴かせていただくお手伝いをさせて
いただきました。

お伺いしたお宅が全て在宅で、お家に上げていただいて、
じっくりお話をお聞きすることができました。

明るく健康な生き方には、
ご本人の中にあるレジリエンス(回復力、困難から立ち直る力)が
大きく影響しているなと感じました。

レジリエンスは今までの生き方で決まっていますが、
脳の使い方で鍛錬することが可能です。

同じ環境下に置かれたときに、
どれだけ最善の選択ができるか。。。

言葉で言うのは簡単ですが、
幸いにも被災していないとしても、
頭では「こうした方がいい」とわかってはいるけど、
厳しい現実に無力感を感じ、
一歩踏み出せないということはありますよね。

現場でリーダーシップを発揮している方も
被災された方も被災していない方も
そして、私たちを含め、

それぞれの、さまざな人生のステージで、
未体験のことに遭遇し、
葛藤しながらも選択と決断をし、
腹決めをして、チャレンジして生きているんだなあと
しみじみ感じました。


「初心忘るべからず」


志と謙虚さという初心も
レジリエンス(回復力、立ち直り力、乗り越える力)という
初心も忘れずにいきたいですね。




IMG_3894.JPG
1月16日(土)埼玉県の森林公園近くの牧場で、
『馬塾』、馬とのコミュニケーション・
ブライベートトレーニングをしてきました。

今回、WSCコークリエイターのまねちゃんの
ご紹介で実施した企画です。
コークリエイター3人とコーチ・NLP仲間の
6人で体験してきました。

馬とのコミュニケーション、コーチングは
ICF国際コーチ連盟でも以前取り上げられていたので、一度やってみたいなと思っていました。

言葉の通じない馬に、馬には触れないで
コミュニケーションをとり、
馬との境界線を図りながら、
自分が行きたい方向に歩いてもらえるよう
指示を出したり、止まってまらったり、
方向を変えたりします。

企業ではリーダーシップ発揮の研修、トレーニングとして注目されています。

晴れ女ですから、超〜快晴のお天気に恵まれ
持参したカイロは不要でした(笑)

上の写真は、サラブレッドの忠臣蔵とのツーショット。
実習の相棒(先生)です。

IMG_3886.JPG
オリエンテーション

全体的な説明と準備として、
呼吸を整えて身体の状態をつくる
ボディースキャンを行いました。











IMG_3856.JPG
オリエンテーションの後、
メンバーで協力して、
緑の柵で、道場をつくります。

この道場で馬と実習します。









IMG_3866.JPG

道場に馬の先生たち4頭を小屋から
連れてきました。

彼らの動きや関係性を観察して、
「リーダーを探す」というのが一つめ
の課題。

目の前の茶色のお馬さんは、マロ。
周りのことは全く気にせず、
終止自分のペースです。




IMG_3865.JPG
右手の白い馬は、ストーミー。
若く人懐っこいです。

左手の白い馬は、ニッコウ。
やんちゃでリーダーになりたい
タイプです。

そして、サラブレッドの忠臣蔵。
彼が今回のリーダーでした。
馬は、毎回、その場でリーダーが
変わるようです。



そして、境界性を超えていく(オーバーザウォール)というワークをしました。
人にもパーソナルスベースがあるように、
馬と人との関係性の中にもあります。

言葉が通じない馬に
ウォール(境界性・壁)を認識しながら、コミュニケーションを取って
馬に触れずに、自分(人)の行きたい方向に一緒に馬に動いてもらうという
実習です。

馬言で行うワークです。

馬は人間の無意識(感情)に例えられます。
騎手が意識(マインド・頭)
馬車が身体

三位一体ではじめてうまくいく。

昨年10月に初来日したDr.ドラゴスも言っていたけど、
「三位がうまくいっていないと騎手が馬と馬車を担いでいくことになる」と。
まさに、重荷ですね。

IMG_3889.JPG
さて、オーバーザウォール(馬に触れないで歩く)実習のお相手は、やんちゃなニッコウ。

びくりと動かないこともあるらしいのですが
ファシリテーターのもとこさんによると
「さちにメチャメチャ興味をもっている」
とのことで、ニッコウから近寄って来てくれました。

なので一緒に歩くという課題は変更し
色々な方向に歩くというのが課題になりました。

他の人がやっているのを観察して
実習者のコミュニケーションの特徴や
馬との関係性についてフィードバックします。

マロは全く動きませんでした。



IMG_3864.JPG
マロのように我が道をいくタイプの
馬と、どのように関係性を築いて
どうコーチするのか、
とても興味深いです。
今度はマロでやってみたいと思います。

人もこういうアンコーチャブル(コーチしずらい、できない)な人を
短時間でコーチできるような関係性を
クライアントと恊働で構築し
コーチングしていけるかは、
コーチの技量にかかっている。



コーチャビリティ(コーチを受ける能力、クライアント力)の低い人を
コーチできるのが真のプロフェッショナルだから。


IMG_3892.JPG
もとこさんによると、
馬は私たちが直感的に発しているものを
受け取り反応します。

私たちの振る舞いに対して、
正直にレスポンスを
返してくれます。









IMG_3879.jpg
ホールシステムコーチングで
お伝えしている脳、意識(マインド)、
身体、エネルギーの使い方を体感してきました。

忠臣蔵との実習は、ビジネスのゴールと
課題を3つ設定して、
スタートからゴールまで馬と一緒に歩いて
新たな視点や解決策を得るというものです。

忠臣蔵は大きくて、一緒に実習できるか
自信がありませんでした。
できるか不安でした。

動物は飼ったことがなく、小学校のときに
宿題で鈴虫の観察があったので鈴虫と
金魚、ひよこしか飼ったことが
ありません。



馬は鏡です。

こちらが不安がっていると、馬にうつるのでうまくいきません。
実習を始める前に、ボディースキャンと
WSCでやっている自分を整える3つの準備をして
センターにいれるようにしてから実習に臨みました。

状態が成果を生む。

さちは、1つめのオーバーザウォール(馬に触れないで歩く)で
自分の課題が明確になり、

さらに忠臣蔵とのワークは感動で泣きそうになりました。
忠臣蔵との一体感。
深いメッセージを受け取りました。

実習を始める前に、「馬が大きいからできるか自信がない」と
思ったということは、
「自分がこれからやろうと思っている事が大きい(未知)から自信がない」
つまり経験のないこと、未知のことをやっていく自分に
自信がないことに気づきました。

ここにこのタイミングできた意味がわかりました。
企画から実施まで実質2週間だから(笑)

自信は未来にはないからね。
あるのは、今ココと過去の経験にある。


IMG_3884.JPG
馬塾体験の記念写真です。

ご参加ありがとうございました。
ご一緒できて楽しかったです。

動物を飼ったことがない
私もできました〜。

日程があわず参加できなかった方
また次回ご一緒しましょう。




☆グローバルスタンダードのコーチ養成
ホールシステムコーチング® ブレインコース
2016年2月21日(土)−22日(日)

◇詳細・お申込みはこちら↓
http://wsc-japan.com/work/bc/index.html



前の5件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次の5件
コーチングの「コーチ・アイエヌジー」トピックスや、生嶋流プチコーチングなど、最新情報をメールで配信!メールマガジン
コーチングの「コーチ・アイエヌジー」生嶋ブログ
コーチングの「コーチ・アイエヌジー」生嶋のフォトギャラリー
コーチングの「コーチ・アイエヌジー」生嶋がお手伝いできるメニュー
コーチングの「コーチ・アイエヌジー」のコーチング研修・講演

コーチングの「コーチ・アイエヌジー」のコーポレートコーチング
(企業・組織単位でのコーチング・業務改善・改革)

コーチングの「コーチ・アイエヌジー」の全脳コーチング「プロコーチ養成」プログラム

コーチングの「コーチ・アイエヌジー」のエグゼクティブコーチング
(経営者・経営者層への1対1コーチング)

コーチングの「コーチ・アイエヌジー」のビジネスコーチング
(管理者・営業職への1対1コーチング)

コーチングの「コーチ・アイエヌジー」のパーソナルコーチング

コーチングの「コーチ・アイエヌジー」のNLP資格取得コース
(創始者リチャードバンドラー認定資格取得コース)

コーチングの「コーチ・アイエヌジー」生嶋のNLP体験記
(感動のNLPトレーナーコース体験記[完結編])

コーチングの「コーチ・アイエヌジー」生嶋のコーチカフェ
(交流のある方々やお気に入りなどのご紹介)

コーチングの「コーチ・アイエヌジー」の業務改善実績 コーチングの「コーチ・アイエヌジー」のクライアントの声
コーチングの「コーチ・アイエヌジー」のマスコミ取材履歴 コーチングの「コーチ・アイエヌジー」生嶋のプロフィール コーチングとは? NLPとは? コーチングの「コーチ・アイエヌジー」のパートナー コーチングの「コーチ・アイエヌジー」の会社案内
コーチングの「コーチ・アイエヌジー」の特定商取引法に基づく表示
コーチングの「コーチ・アイエヌジー」の個人情報のお取り扱いについて
コーチングの「コーチ・アイエヌジー」のセミナー受講規約

BLOGのご案内